フライパン 安全 な商品はどれでしょうか? テフロン加工はがれ有害

ブログ

スーパーなどでよく見かけるようになったテフロン加工のフライパン。

こびりつきにくくとても便利ですよね。

しかし人体に悪影響を及ぼす恐れがあることをご存知でしょうか。

テフロン加工PFOAPTFE)、フッ素ノンスティックなどの素材でできたフライパン危険ので気をつけましょう

今回は一般的なフライパンの危険性と安全でおすすめのフライパンについてご紹介します。

買ってはいけないフライパン

まず、なぜ一般的なノンスティックフライパンは危険なのかをご説明したいと思います。

今までみんなと一緒であまり気にせずにスーパーに置いているフライパンを買っていました。

ティファール (T-fal)、アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA)、ブランドなしのフライパンを色々使ってきました。

ある日、ノンスティック、テフロン加工のフライパンのリスクについての記事を読んだきっかけで、安全なフライパンを購入しようと思いました。

ノンスティック・テフロン加工のフライパン

テフロン加工とはフッ素樹脂加工が施されたフライパンのことです。

長持ちや焦げ付くにくくさせるために、PTEE (フッ素樹脂)、PFAS (パーフルオロアルキル物質)、PFOA (パーフルオロオクタン酸) などが施されています。

テフロン加工はがれ有害

しかし長く使い続けているとフッ素樹脂はがれて焦げ付きやすくなります。

外されたフッ素樹脂は料理をする時、食材と混ぜてしまう可能性があります。

人体に取り込まれてしまいます。

取り込まれたフッ素樹脂の多くは体の外へ排出されると言う事ですが、なるべく有害な物質を体に入れたくないのが正直なところですよね。

また、テフロンを作るには化学物質を利用しています

テフロン加工のフライパンは240度以上で使用すると有毒物質が溶け出してきます

これらはアメリカのがん協会発がんの可能性への影響を指摘しており、非常に危険です(オックスフォード大学の参考リンク)

有毒ガス

さらに360度以上ですと、有毒ガスを発生させます。

フッ素樹脂加工のフライパンが危険視される最大の理由が、この有毒ガスです。

有毒ガスには呼吸困難を起こすものや死に至る猛毒のガスも含まれます。

しかも発生するガスはいずれも無色無臭ですので、何かおかしいと思った時には手遅れの場合も多く、しかもその原因がフッ素樹脂加工のフライパンだとは気づきにくいのです。

実際にフライパンを空焚きしてしまいそのまま放置しておいたために、有毒ガスが発生し重傷を負うという事故も起きています。

お子さんがいる方は特に気をつけてください。

アルミニウムのフライパン

テフロン加工のフライパンはダメでしたら、おばあさんがずっと使っていたアルミニウムのフライパンはどうでしょうか?

アルミニウムも溶け出すことがあって、人体に取り込まれてしまう可能性があります。

腎臓泌尿器科系への影響があると言われていますが、アルミニウムを取り込みすぎると、アルツハイマー病認知症と連携することもあります(オックスフォード大学の参考リンク)。

できる限り使用は控えた方が良いでしょう。

フライパン 選び方:安全でおすすめなフライパン

様々なリサーチをした上で、体に害のないフライパンはいくつ見つけました。

鋳鉄のフライパン

鋳鉄のフライパンは履歴的に長いです。

使う時、焦げないように十分油を塗らないといけないです。

現代、油は悪い、太りやすいという勘違いを持っていますので、ノンスティックフライパンの流行りになってしまいした。

でもヘルシーな油 (オーガニックオリーブオイルココナッツオイル、ギーバターなど)を使うと問題はありません。

鋳鉄のフライパンを使うと、少し鉄は食べ物と混ぜてしまいますが、人体に吸収されても無害です。

メリット:

  • 体に害を与えない
  • 丈夫で、長持ち

デメリット:

  • ちょっと重い
  • 十分油を使わないといけない
  • 食器洗い機に入れてはいけない
  • 塩・優しい洗剤で洗う

鉄製・鋳物のキッチンウェアのおすすめ

LE CREUSET (ル・クルーゼ)

Le Creuset ル・クルーゼ ブランド

Le Creuset (ル・クルーゼ)はフランスの有名な鋳物ブランドです。

鋳鉄のフライパン・鍋の専門店です。

鍋は熱が逃げにくく焦げしにくく温度が下がりにくい特長を持っています。

そして、鋳物ホーロー製品は全て永久保証が付いていますので、ずっと使えるのはお得です(参考リンク)。

もっと永久保証のブランドを探す方:永久保証のブランド一覧に参考してください。

Staub (ストウブ)

フランス語でココットという言葉は聞いたことがあると思います。

ストウブ Staub ブランド

そのココットはストウブの鋳物ホーローを指しています。

Staub (ストウブ)はフランスの三ツ星シェフのポール・ボキューズ共に開発されたブランドです。

ストウブの鋳物製品も生涯保証をつけています。ずっと使えます(参考リンク)。

staub 鍋

セラミック

セラミックのフライパンはPTEE、PFAS、PFOA などは使っていないです。

フッ素樹脂加工のフライパンよりも安全性が高いです。

体に害を与える情報は特にありません。

メリット:

  • 体に害を与えない
  • 長持ち
  • 洗うのは簡単

デメリット:

  • 一般的のセラミックは焦げ付けやすい
  • 十分油を使わないといけない

こちらもル・クルーゼストウブのブランドがおすすめです

Le Creuset (ル・クルーゼ)

Staub (ストウブ)

両方、セラミック加工の鋳物を提供しています。

そしてGreenpanもおすすめします。

Greenpan (グリーンパン)

グリーンパン はベルギーのブランドです。

Thermolon (サーモロン) という加工仕様を使っています。

フッ素樹脂、PFAS、PFOAの加工材料は一切使っていません

高熱(最大450℃)に対する耐性があって、ノンスティックで、洗いやすい

SGS(検査認証を行う企業)によると安全なフライパンです。

詳細はグリーンパンのレビュー記事をご覧ください。

石のフライパン

石でできたフライパンも最近よく流行っています。

フッ素樹脂加工のフライパンより安全と言われています。

ケミカルフリー・安全なストーンフライパンなら、Ozeriというブランドは人気です。

Ozeri オゼリ

ステンレスフライパン

ステインレスは1000度を超えても安定しています。

ただ、ステインレスフライパンはクロムニッケルという金属が入っています。

クロムを吸収したら問題はありませんが、ニッケルは沢山取り込んだら体に良くないです。

買う前に、クロムニッケルの比率がいいものを見ないといけないです。

ちゃんとしたブランドでしたら、問題はありませんが、怪しいブランドは気をつけた方がいいです。

メリット:

  • 軽い
  • 長持ち
  • 洗うのは簡単
  • プロフェッショナルがよく使う

デメリット:

  • ニッケルが含まれている

有名なブランド:

Cuisinart (クイジナート)

Calaphon (カルファロン)

 

フライパンではなくて、他の安全なキッチンウェアもあります。

例えば、グラスでできた容器でしたら、オーブンにも使えます。

グラスのキッチンウェアなら、Corningwareというブランドは有名です。

どうしても「 PTFE PFOA フリー フライパン 日本 製 」のものを探している方

京セラというフライパンブランドもあります。

比較的に安いですが、質はなんとも言えません。

 

私は長い目で考えて、鋳鉄セラミックのものにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました