パンは体に悪い?グルテンに注意

ブログ

みなさんは、シリアルパンピザパスタなどを日常的に食べていると思います。

毎日の朝食やランチにも登場し、レストランでは定番のメニューになっています。

フランス料理といえば、パンが高級なイメージで、美味しくて、健康にいいと思う日本人が多いです

パンが消化しにくいです

ところが、小麦粉が入っている食べ物は消化しにくいだけではなく、体に被害を与えることがあり、注意を要します。

例えば、鼓腸、胃食道逆流症、不安になりやすい、エネルギーがなくなり疲れやすくなる、といった症状があります。

パンなどの食品は、食べすぎには、気をつけたほうがいでしょう。

上記のような症状が出れば、あなたの消化器は苦しんでいるというシグナルです。

現代のパン:グルテン、つまり糊

パンに含まれる成分には、グルテンがあります。

グルテンは、小麦に含まれるプロテインのことです。

食品業者で製造される小麦粉には、このグルテンが沢山入っています。

しかも、必要以上に遺伝子組換え生物や農薬が入っていることがあります。

先ほどもご説明したように、グルテンは腸に悪いことがわかっています。

グルテンは、喩えていうなら、いわゆるグルー(のり)のような存在です。

パンを食べて、グルテンを消化する際、腸の壁にくっついたまま取れなくなり、食べ物の栄養吸収効果を弱めてしまいます。

グルテンにつながる病気

子供の頃、定期的に食パンを食べて、お腹が重い、午後になると疲れてきて、眠くなりやすい集中力がないという症状を感じたことがありますか?

そうでしたら、小麦(グルテン)に不耐症がある可能性が高いです。

グルテンが入っている商品を減らして、症状が良くなるかどうか試したらいいかもしれません。

症状が悪化する時、アレルギー鼻水アトピー目眩セリアック病といった病気にも関連することもあります。

セリアック病は栄養吸収効果が弱まっている状態です。

内臓は人間のセコンド脳と言われています。

消化器は、神経系とつながっていますので、神経系にも悪い影響を及ぼします。

意外とグルテンを含む日常食品

他にもグルテンを含む食品があり、天ぷらチョコレートクッキーフライなどにも含まれています。

いずれも、毎日よく食べる食品ですし、外食時や間食にも食べる機会が多いものです。

食べるものには十分に配慮し、グルテンを多量に含む食品ばかりを食べないようにしましょう。

でもパン食べたい!

もしパンを食べたいなら、グルテンが少ない昔の小麦を使用するパンを選びましょう。

また、グルテンフリー商品を探しましょう。

例えば、米パン屋さんにパンを買いに行くとか。

グルテンフリーパスタ、グルテンフリーのお菓子などを試して見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました