アルカリ性と酸性の食べ物

ブログ

現代の食べ物のその多くは、酸性の食べ物が多くなっています。

酸性の食べ物の例を挙げてみると、フライ物乳製品加工された食品、ソーダなど誰もがよく食べています。

ところが、こうした食べ物ほど、病気になりやすく、こうした食べ物が好きな人は、体の状態に気を遣う必要があります。

ところで、食べ物のアルカリ性と酸性はどう判定しているのでしょうか?

アルカリ性と酸性の違い

酸性の食品

酸性食品

 

食品には、ミネラルが含まれています。このミネラルが酸性なのかアルカリ性なのかを判定しています。

酸性を示すミネラルは、塩素やリン、硫黄です。

酸性の食品は、高タンパク、高脂肪です。

たえば:魚、卵、牛乳、砂糖などです。

またお酒タバコなどはもちろん酸性の物です。

アルカリ性の食品

アルカリ性食品

 

アルカリ性を示すミネラルは、カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムです。

アルカリ性の食品は、野菜果物(一部)海藻きのこ大豆などです。

バランスを意識する食生活

欧米化した食生活ですと、酸性の食べ物が多くなり、アルカリ性食品が不足します。

あなたの食事には、野菜は十分ありますか?

 

アルカリ性食品を食べ過ぎると、病気に罹りやすい体質になってしまいます。

重い病気が治りにくなったり、炎症されやすいです。

 

逆に、アルカリ性の食品をちゃんと食べると、炎症、ばい菌、ウイルスにも強い体質になります。

 

そこで、アルカリ性の食べ物を増やし、酸性の食べ物を減らし、バランスを取るように心がけてください。

健康にいいのは、野菜、果物を中心とした食生活ですが、肉類や魚類、甘いものも食べ、若干のアルカリ性を示す食生活がベストだと考えられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました