牛乳が体に本当にいいでしょうか

ブログ

地球上の動物の中では、人間のみが、母親の母乳やミルク以外にも、他の動物のミルクを飲んでいます。

しかも、通常はどんな動物でも大人になると、母親の母乳を飲むのは止めます。

ところが、人間に限って言えば、続けて飲む場合があるようです。

牛乳は体にいいという神話

残念ながら、「牛乳が体にいい」という話は神話であって、食品業界が作り上げた作り話です。

1980年から、アメリカの大手雑穀業者がミルクの宣伝をし始め、様々なメリットを新聞、雑誌、テレビCMに出したりしていました。

子供を対象にして、家庭の健康食品として、ミルクパウダーが販売されていました。

アレルギー、鼻水、痰などは乳製品が原因の可能性

あなたの子供はアレルギー、副鼻腔炎、耳炎、下痢なりやすいでしょうか?

あるいは、お子さんがいない方でも、ご近所のお子さんが病気になりやすい、アレルギー体質だ、こうった話をよく聞きませんか?

こうしたお子さんの症状が出る場合、牛乳が直接の原因になっている可能性があります。

牛乳は酸性の食べ物です。飲みすぎると、体の中に炎症をさせてしまいます。

免疫系が悪いものを出そうとしているので、ニキビ鼻水のような症状が発生してしまいます。

現代の牛乳

牛乳には、成長ホルモンを推進する、カゼインと呼ばれる成分が含まれています。

また、牛が非常に予防接種され、肉と牛乳に抗生物質が沢山入ってしまいます。

ところが、このカゼインは、いい細胞と悪い細胞の両方を増やしてしまいます。

牛乳を毎日飲み続けたり、飲みすぎたりすると、骨粗しょう症、ガン、糖尿病などの重い病気にかかりやすくなります。

さらに、こうした病気が完治せず、なかなか治りにくいこともわかっています。

日本人は乳糖不耐症?

アジア人種は、95%以上は乳糖不耐症だということがわかっています。

赤ちゃんであれば、もちろんお母さんのおっぱい飲ませるのが一番自然です。

牛乳は本当に飲みたい場合、できれば、悪いものが少ないオーガニックホールミルク(全乳)を選びましょう。

牛乳の代わりの商品

また、牛乳の代わりに植物でできたミルクもあります

例えば、ライスミルク、アーモンドミルク、ココナツミルクなどです。

豆乳は少し注意してください。あまり体に良くないので、飲みすぎには注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました