ブレンダー ミキサー おすすめなら:バイタミックスが一番

ブログ

キッチンの定番ツールといってもいいくらい普及したブレンダーとミキサー。

ブレンダーやミキサーを持てば、料理の幅が広がり、スムージーをはじめ、ソース、肉ミンチ、食べ物を色々細かくミックスすることができます。

でも、どっちも似ているようで、どっちの呼び名が正しいのか悩んだことはありませんか?

まずブレンダーとミキサーの違いを見ましょう。

ブレンダーとミキサーの違い

知っているようで知らないブレンダーとミキサーの違いについて説明します。

ブレンダーミキサーは実は同じものです。

日本では、ミキサーというほうがどちらかというと浸透しているのかもしれません。

でも、実は、ブレンダーとミキサーは同じものを指しているんです。

私たち日本人にとっては「ミキサー」というほうが身近に感じますが、英語圏では通常「ブレンダー」といいます。

英語圏で「ミキサー」というと、日本でいうハンドミキサー、つまり容器のついていない道具のことを指すことが多いんです。

ミキサー、ブレンダーのいずれにしても、通常容器の底にするどく小さな刃がついていて、野菜や果物などを細かく粉砕することができます。

水や牛乳などの液体を加えて使うのが一般的な使用方法です。

好きな果物や野菜を牛乳やヨーグルトなどといっしょにミキサー(あるいはブレンダー)にかけて攪拌すれば、あっという間に健康的なスムージーができあがります。

ミキサーやブレンダーは食品を丸ごと攪拌するので、食材の栄養素や食物繊維をそのまま摂取することができるというメリットがあります。

ただし、食物繊維は胃腸で消化されるさいには負担にもなりますので、胃腸が弱っているときにはあまりふさわしくないでしょう。

最近では、スムージーだけでなく、アイスクリームやドレッシング、マヨネーズなどを作ることもできるタイプが販売されています。

ブレンダーとジューサーの違い

ミキサーやブレンダーは、果物や野菜などの固形の他に液体を加えてスープやジュースを作ります

それとは異なり、食材を圧縮して水分だけをこしとるための道具がジューサーです。

ミキサーやブレンダーと違って、固形部分と液体を分けるので、サラサラのジュースを作ることができます。

ジューサーでは水分を搾り取った後に搾りカスが出るのが特徴です。

ブレンダーやミキサーでは食材を丸ごと粉砕するので食物繊維もいっしょに摂取することができますが、ジューサーの場合、食物繊維の摂取量が少なくなることになります。

ただ、胃腸が弱っているときには、消化負担となる食物繊維は少ない方がいいので、ジューサーで作るジュースの方が栄養を吸収しやすいといえます。

ジューサーの欠点は、食材の食物繊維や絞りカスが残るため、掃除が面倒という点でしょう。

最近は、お手入れがしやすいタイプのアイテムも販売されていますので、それも含めて上手にアイテム選びをしたいですね。

ブレンダー おすすめ

ここからはおすすめアイテムを紹介しておきましょう。

バイタミックス ブレンダー

ブレンダーで知名度が高いのは、やはりバイタミックスではないでしょうか。

バイタミックス (Vitamix)は1921年にキッチンツールの会社として創立されました。

そして1949年以降、いっきにアメリカ全土に広まりました。

最強エンジン(1440 W)を搭載することにより、今までになくパワフルなブレンダーとして開発されました。

食材の固い皮や種も、しっかり粉砕してくれるというスグレモノなのです。

野菜や果物、穀物でも、その味と栄養、食物繊維をちゃんと残してくれます。

バイタミックスでスムージー

バイタミックスでスムージーを作る

スムージー

できたスムージー

身体によいものを丸ごと摂取できるんですね。

ブレンダーとしてだけでなく、フードプロセッサーとして使うこともできます。

スープやアイスクリームを作る以外に、食材のみじん切りや、コーヒー豆をひいたり、パン生地を捏ねるなんてこともやってくれるんです。

まさに万能選手ですね!

使用後は、水かぬるま湯を入れてさっと作動させれば洗浄できます。

洗うのも簡単なので、お手入れも楽ちんです。

Vitamix

うちのVitamixです。何年も使っています。

丈夫なエンジンは、10年保証というのも心強いですね。

他のブランドもありますが、ブレンダーなら、一番ベストはVitamixだと思います。

アメリカのレビューサイトでも、その評価になっています。

ジューサー おすすめ

アメリカだとOmega (オメガ)ブランドのジューサーが有名ですが、日本ではパナソニックやシャープのものが人気があります。

パナソニック ジューサー

パナソニックのジューサーは、硬い野菜や果物でも絞ることができるパワフルさが人気の理由です。

付属品を上手く活用することでフローズンドリンクなどのレシピにも対応可能なのが特徴的です。

ヒューロム ジューサー

ヒューロムは韓国生まれのブランドです。

ヒューロムのジューサーの特徴は、果物などやわらかい食材のためにフィルターが搭載されていること。

マンゴーやバナナなど、やわらかい食材も詰まることなくジュースにできます。
海外でも人気のブランドです。

シャープ ジューサー

シャープのものでは、スロージューサーが人気です。

葉物野菜や繊維質の食材を直接ジューサーにかけることができます。

低速圧縮に対応しているので、できあがったジュースが酸化しにくいという特徴もあります。

私はこのジューサーにしました。

 

自分の目的にあったアイテム選びをブレンダーとミキサー、ジューサーの違いとおすすめアイテムについて紹介してみました。

ブレンダーあるいはミキサーとジューサーは、それぞれにメリットとデメリットがあります。

どちらも健康や美容のための野菜ジュースやスムージー作りに活躍してくれるツールですので、一つは常備しておきたいですね。

ご自分の目的と予算に合わせて、上手にアイテム選びをしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました